英語は俺が倒す

英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

似てるようで違うbigとlargeの違いと使い方

こんにちは、ノックです。

本日のテーマは「big」と「large」です。

これらの単語を皆さんならどのように使い分けますか?意外と難しいと思います。

ではこの二つの違いをしっかり見ていきましょう!

bigとlargeの意味と違い

bigとlargeはどちらも物の大きさを表す形容詞として用いられます。英英辞書を引いてみると、それぞれ下記のように表現されています。

  • big:large in size, degree, amount, etc.

    (サイズ、程度、量等が大きい)

  • large:big in size or quantity

    (サイズ、量が大きい)

物理的なサイズや量を表す上ではどちらも同じような意味で用いられることがあります。

bigは日常的にカジュアルな場面で用いられます。

対して、largeは少しフォーマルな印象を与えるので、公式な文書に残すような場合はlargeを用いるのが適切でしょう。

bigとlargeの最も大きな違いは、

bigは「大きさ」だけじゃないということです。

主に物理的な大きさを表すならlargeに対して、bigは他にも様々な場面で用いることができます。

量についてはこちらの記事も参考になります。

ノックです。スーパーなどで買い物するとき、日本ではもうすでに重さが測ってあり、それに相対する値段のラベルシールが付けてあるところが多いですね。しかし、海外では、フルーツや野菜を、自分で好きな量を袋に取り、それぞれの量を測ってそれに対する値段を支払...
【どっちも量だけど・・・?】quantityとamountの違いを解説! - eigo-knockout.com

bigの使い方

物事の重要度や深刻さを表すbigは次のように用いられます。

bigを使って「兄/姉」を表すこともできます。

小さな子どもに言い聞かせる時はこんな風に使います。

影響力や人気を表す時にもbigは使えます。日本語でも「いつかビックになるぞ!」なんて言い回しがありますよね。

行動の程度を表すときにもbigを用いることができます。「〜の大ファン」や「大食い」などがイメージしやすいですね。

largeの使い方

largeは主に物理的な大きさを表します。量や金額を表す語句と一緒に用いられることが多いです。

レストランや洋服屋さんでサイズを伝えるときも、largeを使うのがナチュラルです。S・M・Lサイズの「L」ですね。

bigとlargeを使った決まり文句

最後にbigやlargeを使った決まり文句を紹介します。

bigを使ったフレーズ

  • no big deal:大したことではない

    例)It’s no big deal! そんなの大したことじゃないよ!

  • be too big for your boots:うぬぼれる

    例)He is too big for his boots. 彼は自分にうぬぼれているんだよ。

  • big-mouth:秘密を守れない人

    例)Don’t let Lisa know about the surprise. She’s a big-mouth.

    リサにサプライズのことを知らせないで。彼女おしゃべりだから。

largeを使ったフレーズ

  • at large:逃走中

    例)The escaped prisoner is still at large. 脱獄囚はいまだ逃走中です。

  • larger than life:偉大な、英雄的な

    例)He was for me larger than life. 彼は私にとって偉大な存在でした。

まとめ

最後にもう一度まとめます。

  • largeは、フォーマルな表現
  • bigは、物事の重要度や深刻さ、年上の人を表す場合で使う
  • 物理的にサイズが「大きい」と表す場合はどちらでもOK

こういった微妙な違いを意識することが英語上達の近道といえるでしょう。

SEE MORE

プロフィール

サイト内を検索