英語は俺が倒す

英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

男女の恋愛のカケヒキで使うちょっと危険だけどイケてる英語スラング10選

英語という分野を勉強する上で、上達すればするほど何らかの形でネイティブの人との関わりも増え、仲間同士でプライベート な話をする機会も増えていくことでしょう。

特に、留学中の方や学生さんたちは、コミュニケーションする上で恋愛の話で盛り上がることは当然あると思います。

そんな時、恋愛 のやりとりで使う英語スラングを知っておけば、役に立つかも?ということで、今回は題して「男女の恋愛のカケヒキで使うちょっと危ない英語スラング10選」を紹介していきます!

恋愛にスラングは必要?

恋愛というのは実に人間的なことであるのに、恋愛に関して学校で教えてくれるのは「love 」の一語くらいですよね。

なぜかというと、学校側からすると学生にはそのような「男女のかかわり」よりも勉学に集中してもらいたいからです。

ですが、身体が成長するにしたがって、好きな人 もできるだろうし、同性同士でも恋愛の話で盛り上がったりします。(女性はそれが一番の楽しみだったりもします。)

学校を卒業して社会人になっても恋愛の話は尽きませんよね

そんな時に、恋愛のカケヒキに関する単語を一切知らない状態だったとするなら、話に溶け込めないどころか、理解することさえできません

そうすると、相手側からするとせっかく一歩踏み込んだ話をしているのに、「ノリが悪い」だとか「打ち解けられない」人というように誤解され、仲良くなれない可能性 があります。

ですから、恋愛の話についていけるように、少し危ない表現であっても頻出の語はぜひ知っておきましょう!

恋愛スラング使用時の注意

ここでご紹介するスラングの数々は、仲の良い仲間同士で話せるネタに使うスラングに絞ってご紹介しています。

この記事に限らず英語を勉強する上でその語に対して正確に理解をしたといえるまでは、「目上の人」や「公式・正式の場」では消して使わないでください。

恋愛で使うスラング10選

恋愛で使うスラングを集めました!

ぜひチェックしてみてくださいね。

flirt( いちゃつく)

この「flirt」は単純に見えて様々な意味や用法を持っているので注意が必要な恋愛スラングだといえるでしょう。

  • flirt (動詞)

意味:○○と戯れる、 いちゃつく

まずは動詞としての「flirt」で、「いちゃつく」という意味になります。

Taylor was flirting with Maria here 3 mins ago but…; they just disappeared.(テイラーは3分前にマリアとここでいちゃついていたが…彼らは消えたね。)

ここでいう「flirt」はナンパとは少し違います。いうなればナンパを経て、あくまで双方の同意があって感情的な触れあいがある状態 を指して言います。

また、flirtは同じ動詞として「浮気をする 」という意味でも使われます。

I’m shocked Taylor was flirting with Maria behind my back!(テイラーが私に隠れてマリアといちゃついていたなんてショックだわ!)

このような感じで使われますね。

また、「flirt」は名詞として「いちゃつく人 」「浮気人 」といった形で使われます。

  • Taylor is a flirt.(テイラーは浮気人だ。)
  • Maria is a flirt.(マリアは(男性と)いちゃつくのが好きな人だ。)

といった感じで使われます。

bitch(クソ女)

ビッチは日本でも若者達の間ではカタカナ英語として使われるようになってきたくらい、馴染みのある言葉ですが、「嫌な女 」「尻軽女 」というように女性に対してネガティブに描写する上では幅のきく言葉になります。

特に、最近では性的な意味を持たない 意味合いでよく使われるようになりました。

  • 嫌な女
  • 態度が悪い女
  • 腹黒い女
  • 卑しい女
  • むかつく女

といった具合に、様々なシチュエーションで使えます。

She assigned us a paper of 10000 words by next friday. Bitch!(彼女[先生]は俺らに来週の10000ワードのペーパーを来週の金曜日までに課したぜ。クソ女!)
That bitch never know the word of “respect”.(あの嫌な女、リスペクトという言葉を知らないな。)

また、女性に対してではなく、男性 に対して侮辱の意味を込めて呼ぶフレーズとして

  • son of a bitch(くそ男)

という言葉があります。

slut(尻軽女)

これは上記の「bitch」とは違い、意味が固定されているスラングで、「尻軽な女 」と性的 に侮辱して女性を呼ぶためのワードです。

「誰とでも寝る女」という嫌悪の意味を含めていう呼び方ですね。

Do you know Yena? I don’t recommend you to make friend with her. She is a slut!(イェナって知ってる?彼女と友達にならない方が良いよ。尻軽女だからね。)

同じような意味をもつ言葉として、「whore 」がありますのでこれも抑えておきましょう。

break up(別れる)

若者同士の男女の関係で、終わりを迎えることはまれではありません。この「break up 」は、「別れる 」という意味です。

Did you hear Marco and Sarah broke up? They had been dating for 4 years.(マルコとサラが別れたって聞いた?4年も付き合ってたんだって。)

また、「break up with ~ 」として「○○と別れる」「○○を振る」というように一方からの別れの切り出しを指して表現するときにも使われます。

I’m gonna break up with you.(私はあなたと別れるわ。)
Who broke up with Marco? It’s Sarah.(誰がマルコを振ったって?サラよ。)

hit on ~(ナンパする)

アメリカはナンパ文化 でもあります。

仲間でバーなんかに行ったら、ナンパする女性を探してトライするのが常識!なんて風潮もあります。

ナンパする 」は英語で「hit on ~ 」といいます。

~の部分にはナンパする相手が入ります。

Do you know any good place to hit on girls?(ナンパするのにどこかいい場所は知ってますか?)

といったような感じで使われます。

go out(付き合う)

恋愛は単純に言えば付き合って、別れて、付き合って、別れて、やがて良い人が見つかったら結婚して…といった感じで繰り返されますね。

そんな具合に「付き合う 」というのは恋愛の話の中で頻出の語なので抑えておきましょう。それがこの「go out 」です。

「go out」というと、「出かける」という意味で習ったと思いますが、「出かけるようになる」の意味が転じてデートするようになる、から「付き合う 」「交際する 」という意味でも使われるようになりました。「~と付き合っている 」といいたい場合には、後ろにwith ~と続きます。

I’m going out with Hannah.(ハンナと付き合ってるよ。)

ただし、欧米文化などに代表される英語圏の文化では、日本のように「付き合ってください!!」「お願いします」から始まる確固とした「交際ステータス 」のようなものはあまりなく、自然とデートして付き合う流れになるのが普通です

付き合う流れになり、言葉では言いませんがKiss が交際の「agreement(同意)」というように認識されています。

そのため、少しデートするようになったカップルの間ではどちらかに心変わり があった場合、

I thought we were going out, but you were just playing with me.(私たち付き合ってると思ってたのに、あなたは遊びだったのね!)

といったトラブルが多いようです。

babe(君)

英語圏では、恋人に愛を込めて呼びかける言葉として、「baby(ベイビー)」というのがあるというのは、常識として知っていますが、他にも色々あるんです。

その一つが、この「babe 」。ベイビーよりフランクで気軽な感じでよく使われるので、覚えておきましょう。

その他にも、一般的なものは

  • honey
  • sweetie
  • darling
  • sweetheart
  • dear
  • love(my love)

こんなにもあるんですね!

また上記に挙げたものは、「darling」も含め、男性・女性だけに限らず男女お互いに使う愛称です。

Netflix and chill(ネットフリックス見てくつろぐ)

2018年度に更新された新しいスラング の一つ。

Netflix 」というのは皆さん知っていますでしょうか。様々な種類のドラマや映画などが見れる登録制の動画配信サイトです。

アメリカを中心に、英語圏では人気なようで、今やスラングにも取り入れられるほど共通認識率が高まってきました。

Do you want to Netflix and chill this weekend?

というのは、直訳すると「うちにきてネットフリックスみてくつろがない?」という訳になりますが、最近は「Netflix and chill」というフレーズ 自体に、ただ動画をみてくつろぐ以上の性的な意味 を込めて使われるようになりました。

女性の方は外国人男性から以上のフレーズを聞かれたら、返事をする前によ〜く考えてみた方がいいかも。

just the way you are(ありのままの君)

男性(あるいは女性)が相手を褒めるために使う言葉の代表。

just the way you are」で、「ありのままの君 」というフレーズになります。

飾らない、ありのままの君が好き、といいたいときに使うものですね。

日本語では、普通のカップルが「ありのままの君が好き」とかってあまり言いませんよね?(いいますかね?)

この「just the way you are」というフレーズは、誰かと付き合ったらしょっちゅう出てくるといっていいくらい英語圏独特の表現 だといえます。

just the way you are」といえば思い出すのが知っている人は知っている、ブルーノ・マーズ の有名な曲ですね。

Bruno Mars – Just The Way You Are [OFFICIAL VIDEO]

まだ聞いたことのない方はぜひチェックしてみてくださいね!

killing me(やられちゃう)

これは直訳すると「私を殺している」と、一見恋愛とは関係ないように思えますが、魅力の強さを表現するときに頻出する、恋愛ネタでは必須 のフレーズです。

日本語であえて適切な代替語を選ぶなら、「やられちゃう 」が適切なのではないかなと思います。

セクシー さ、美しさ魅力 の強さを表現して比較的男性が女性に対して言うことが多いフレーズ。

Oh, look at your eyes. They’re killing me!(おー、君の瞳を見ていると、死にそうなくらいやられちゃうよ!)
She is so sexy! Oh god, she is killing me!(彼女はめっちゃセクシーだ。うわあ、彼女にやられちゃうよ!)

といった具合に使います。

まとめ

ノック顔画像

いかがでしたでしょうか。

これから留学を控えている方や同年代の同性の友人がいる方にとっては、会話の幅が広がる良い勉強になったことだと思います。

同性の友達と仲良くなろうと思えば、どんなタイミングでどのようなトピックの話が持ちかけられるか分からないので、先入観から手を付けないのではなく、話についていけるようにバッチリ準備しておいたほうが良いです。

では、明日も英語の勉強を頑張りましょう!

スラングについてはこちらも参考に↓

シチュエーション別に使える!スラングフレーズ集【厳選15個】
どうもノックです。 今回は今巷で人気のスラングについて書いていきたいと思います。 では早速本題へ! スラングとは一体なんなのか? 皆さんはスラングと聞くとどんなイメージがありますか? やっぱり怖いイメージがありますよね。一体スラングとは何なんでしょうか? 俗語と異なって閉鎖性が強く、同好者同士や同じ職種などの特定集団の中で使われる。そのため、口語として通用しているものと同じ単語でありながらも逆さま言葉であったり、違った読みをしていたりと、敢えて一般人には理解できないような用法が好んで用いられる。 言っちゃえばの仲の良い友人同士が共通する話題を気軽に言い合う言葉です。日本人でもそうですよね?イチイチ毎回「私」とか「あなた」とか言ってたら、「あ、こいつめんどくさいヤツだな」と思われるかもしれません。 こういった会話の流れを断ち切ることなくスムーズにするツールがスラングなのです。 ネイティブ並みにならなくてもいい人ならスラングは覚えなくていい ネイティブは、当たり前のように英語を使います。しかし日本人はあまり英語が得意ではありません。日本にいるなら話は別ですが、外国に行く人海外留学等の人は絶対にスランクを覚えたほうがいいです。 何故かと言うとネイティブはガンガンとスラングを日常的に使っているから です。 そつなく話すために十分な語彙量は2000語 一般的な外国人と話すのに必要な英語の語彙量は約2000語といわれています。これだけあれば十分そうですよね。でも現地のネイティブと話すには2000語では少なすぎます。 学生時代に英語をしっかり勉強していた方は2000語なんてもう到達している事でしょう。なぜ2000語も覚えて外国人と話すことができないのか? それでもネイティブとは話せない それはなぜか? それはやっぱり外国人はスラングを使うからです。 外国人は現地で当たり前のようにスラングを使って覚えているからです。対する日本人は日本に生まれで全くスラングを覚えてこなかったことが挙げられます。 ではどうすれば対等にネイティブと話せるようになるのか?答えはただ1つ、 「暗記すること」 です。 はい。実に簡単ですね。 数あるネイティブのスラングを覚えるにはやはり暗記が1番の近道といえます。 スラングはLINEのスタンプみたいなもの スラングと言うのは主に友達同士のコミュニケーションツールです。相手の言いたいことを受け止め、こちらがサッと返せるようにすることを目的としています。 つまりLINEのスタンプと一緒なのです。気軽に相手との感情を共有できることができるのがスラングの強みです。 絶対に学校では教えてくれない英語表現 学校では「シャラップ!」なんていう表現は絶対に先生を教えてくれないですよね。一言いおうものなら即教室から締め出されます(笑) でも友達同士ではよく使う表現です。だってかっこいいじゃないですか! スラングはコミュニケーションの一部 先ほども話したようにスラングは主にコミニケーションの一部として使われます。お互いの距離がぐっと縮まる貴重なツールなんです。 スラングと言うと一般的には汚いとか不潔、不良みたいなイメージがありますよね。でも全然そんなことはないんです。スラングはれっきとしたコミニケーションツールということです。 もしスラングがわからなかったらどうでしょう?例えば、外国の友人が「shoot!(くっそ〜!)」と言ったとします。ハハ!っと周りのグループがドカンと受けてる中、自分だけshootの意味がわからずポカーン泣 なんてことになる可能性大ですよね。こんなことにならないためにもスラングをがっつり覚えておいた方が良いのです! もちろんスラングにも流行り廃りはあるので今が旬のスラングを抑えておいた方が良いのは言うまでもありません スラングを覚えるには? では、スラングはどうやって覚えればいいでしょうか? スラングは暗記が命 前項でもいいましたが、はっきりいってスラングは暗記 が命です。いかに自分で声を出して口に定着させるかがカギとなります。そうです。ひたすら口に出すのです。そのうちに口がだんだんと慣れてきます。 主に有名どころは、 gonna、gotta、wannaあたりですかね。この辺はかなり頻繁に使う表現ですのでしっかり覚えておきましょう。 ちなみに、 gonna ゴナ= be going to(〜する予定) gotta ガラ= have got to(〜する必要がある) wanna ワナ= want to(〜したい) を略したものとなります。 スラングはYoutubeで覚えるべし! では他にスラングを覚える教材としてはどんなものがあるんでしょうか?ネットを探せばいくらでもあります。ほんと今はいい時代ですね。ちなみに私は最近YouTubeをよく見るのですが動画とともにコメント欄をよく読みます。 最近など日本の動画にも外国人がよくコメントを寄せています。そこを見るとスラングが結構使われてたりします。多分、英語が苦手な人だとここは飛ばしてしまう個所です。でもつなぐを覚えたいならそこを意識するだけでだいぶ違いますよ。 もっと多彩なスラングを覚えたい人はYouTubeのコメント欄をよくチェックしましょう! スラングの注意点 ではスラングを覚えることの注意点を挙げていきたいと思います。一体どんなスラングの注意点があるのでしょうか?
【初心者向け】日常会話で使える英語スラング12選
英語を学ぶ上では、避けて通れないのが英語スラング。 「スラング 」と一口に言っても、英語圏ではスラングを使うのが当たり前。特に、敬語という概念がない分、正しい文法を守って話す英語が敬語だとすると、お互いにスラングを使いあうことがいわゆる「タメ語 」のような扱いになっていて、友人同士でスラングを使いあうことによって、親密度が増すこともあります。 この記事では、一般的に英語圏で良く使われるカジュアルなスラングを厳選し、もっとも頻出のものに限ってご紹介していきます。 ネイティブスピーカーの友達ともっともっと仲良くなり、堅固な英語環境を築くために、この記事で頻出スラングをマスターしていきましょう。 スラングにも種類がある スラングというと、「汚い表現」であるという先入観がありますが、そのような汚い表現としてのスラングとは別に「キレイな」スラング も多数存在します。 そのような「キレイな」スラングはつまりどういうものかというと、老若男女問わず、仲の良い家族や友人同士でカジュアルな雰囲気を醸し出すために使われるスラングのこと。 日本語に敬語とタメ語というように改まった場面で使われる言葉の使い方とそうでないものがあるように、英語圏でもおおまかな区分けはあります。 英語圏では仲のいい友達同士で、「タメ語 」の代替物のような感覚でスラングを使うのが一般的になっています。 ですので、スラングを使う英語圏の人が必ずしも汚い表現を使うとは限りません。一般人が使っても何の違和感もない、自然な表現としてのスラング は沢山あるのです。 老若男女だれでも使えるやさしい英語スラング13選 ここでは、規律や礼儀に厳しいおじいちゃん・おばあちゃん、お父さん、お母さんみんなが、なんの躊躇もなく使える普段語のスラング を紹介します。 特に、スラング初心者が学ぶべき頻出フレーズに限って詳しく説明することで、効率的なスラング学習ができるように工夫しました。 日常生活の中で頻出順に詳しく説明していきます。ではいってみましょう! you know(わかる?) 私たち日本人も。会話を繋げるために「えっと 」「あのー 」などなどの相槌を沢山使用しますね。 英語圏ではこの「you know(あの、わかる?) 」が一番頻出の相槌です。 何かを伝えてはいるが、続く言葉が出てこない時 途中まで説明したが、それ以上説明しなくても相手が理解してくれることを分かっている時 などのシチュエーションで使われます。It’s such a complicated situation I mean …; you know.(今すっごく複雑な状況なんだ。つまり…わかる?) 説明しようとしたけど、複雑すぎて説明することを諦め、代わりに「you know」で文章をくくっています。So I told my mom that I wanna quit the school and then mom was like …; you know.(だからママに伝えたんだ、学校をやめたいって。そしたらママはもう…わかる?) これは言わなくても相手もママの反応が分かっている時に使われている場合ですね。I was going to take his class…; the class of you know, Mr Yamada.
【基本・頻出】fuckやshitなどのちょっと汚くてイケてる英語スラング7選
英語を学ぶ上では、避けて通れないのが英語スラング。 「スラング 」と一口に言っても、英語圏ではスラングを使うのが当たり前。特に、敬語という概念がない分、正しい文法を守って話す英語が敬語だとすると、お互いにスラングを使いあうことがいわゆる「タメ語 」のような扱いになっていて、友人同士でスラングを使いあうことによって、親密度が増すこともあります。 この記事では、学生~30代、40代を中心に、仲間内で良く使われるちょーっとだけ汚い表現 のスラングの中で最も頻出のもの7つを厳選し、紹介していきます。 ネイティブスピーカーの友達ともっともっと仲良くなり、堅固な英語環境を築くために、この記事で頻出スラングをマスターしていきましょう。 スラングを使うメリット スラングを使うメリット とは何でしょう? 上記で書いたように、英語圏では仲のいい友達同士で、「タメ語」の代替物のような感覚でスラングを使うのが一般的になっています。 日本語でも、友人同士なのに 「○○という映画をみましたか?」 「今日の授業参加しますか?」 などと相手が敬語 ばかり使っていたら、少し距離を感じますよね…。 特にここで紹介させていただくスラングは、中でも若者同士 で使われるちょーっとだけ汚い表現のもの。 汚い表現であるからこそ、 授業内容が悪かった 仕事で嫌なことがあった など、若者ならではの悩み事や不満がある場合に、イキイキした表現の中にアイデンティティを見出し、心内に溜まったモヤモヤをより正確に吐き出すことができるのです。 また、 くそ楽しかった くそ面白い などのように、そんな汚い表現が転じてポジティブな文脈でも強調 のために使用されることがあります。 このように、ここで紹介するスラングは日常生活のあらゆる場面で使われる幅広い言葉です。 また、スラングを使うことによって、仲間同士ですこし立ち入った話もできるので、一日のうちに友人と触れ合う機会があれば、必ず出てくるといっても過言ではありません。 また、自分は英語に慣れるまでは特にスラングを使いたくないという人でも、ネイティブスピーカーの友達がいて、会話中の英語のやりとりをよりよく理解したいのであれば、スラングの勉強は欠かせません。 また、会話中に出てくるスラングのチョイスによって、相手が自分にどういう感情をもって接しているのか(仲良く思っているか、それとも壁を作っているか)や、相手の性格 や人としてのレベル を見定めることができます。 スラング使用時の注意 ここで紹介されるスラングは、一般的な感覚を持っている人にとって、状況を見て使っていいのか使ってはいけないのか、判断することが必要となってくるスラングです。 この記事に限らず英語を勉強する上でその語に対して正確に理解をしたといえるまでは、使わないのが無難 です。 しかし、このような語の数々はいうなれば「汚い」言葉づかいではありますが、ネイティブの日常では非常に頻出 の言葉であるため、この記事ではそのような「危ない」「汚い」語もあえて皆さんにお伝えしていきます。 自分が使わないにしても、どの語が元来どういう意味をもつかということを理解していただき、それらの語に対してある程度の緊張感 を持つことで、相手とのコミュニケーションをより円滑にすることができ、相手の発言の意図などをより正確に汲むことができるのではないかと思います。 ちょっと危ない基本スラング7選 ここでは、ファンキーな男性同士の会話で特に頻出する基本スラングを詳しく解説していきます。 fuck 「fuck 」は映画やドラマなんかでも頻出の語で、スラングに触れたことのない学生さんたちが最初に覚えるであろう語の一つですね。 「fuck 」は日常生活の中でよく出てくる言葉で、時によっては会話をイキイキと楽しいものにしてくれる言葉ではありますが、使う場面を選ばないといけない危険 な言葉。 「fuck」一語では、「くそ 」とか「ちくしょう 」という意味になりますが、「the fuck」だとか「fuckin’」というように語形を変形することによって文中の様々な場所に出てきます。Shut the fuck up(だまりやがれ!) Who the fuck are you?(お前一体誰だよ?)※失礼なイメージ 文中に「the fuck」を挟むことで、汚く強い表現 のイメージを加えます。That girl is so fuckin’ HOT, man!

SEE MORE

カテゴリ

プロフィール

サイト内を検索