英語は俺が倒す

英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

瞬間英作文トレーニングを勉強するなら絶対に意識してほしい「3つ」のこと

瞬間英作文

ノックです。

瞬間英作文をする時に普通に日本文→英作文を作っていると思います。

でもそれだけでは本当の瞬間英作文の覚え方としては50点です。

それはなぜか?

じっくり紹介していきます。

瞬間英作文の勉強で絶対に意識したい3つ

日本文は見ない

最初に瞬間英作文をやっていた時は良かったんです。

なぜなら、英語は高校以来で文法なんてとっくのとうに忘れていましたから。

なので、日本文→英文というように英作文を作っていくのですが、一つ疑問にぶち当たりました。

「あれ?これって丸暗記じゃない?」

と。

日本文を英文に訳す時に完璧に英文そのまま訳す癖がついてしまいました。

つまり、

鍵→鍵穴みたいな感じで応用が利かない覚え方になってしまう危険性があります。

文法が上手くわからない人はまずは文法を覚えましょう。

それから瞬間英作文に取りかかると良いです。

頭の中でイメージ(絵)を意識する

英文を読んでいくのですが、ただ漠然と読んでいたのでは効果が薄いです。

私の場合は英文とセットで頭の中でその情景をイメージします。

例えば、

 

He has a cat which has a small tall.

 

という英文ですと、

「身近な男友達がしっぽが長い猫を持っている様」をイメージします。

こうすることで英語で話す時にイメージが頭に浮かんでから英文という流れになります。

会話はポンポンと数秒で考えなくちゃいけないのでイメージ(絵)と英文をセットで覚えます。

英文そのままの語順で覚える

 

I didn’t know what to say.

 

日本文に訳すと、

「私はなんと言ったらいいのかわからなかった。」となります。

しかし英文の語順だと、

「私はわからなかった。なんといったらいいのか」になります。

つまり、英語は主語が先にきます。日本語は最後になりますよね。

このように、英語の語順のまま理解する癖を付けることが大事です。

まとめ

ノック顔画像

いかがでしたか?

私が瞬間英作文を勉強するときに意識していることをまとめてみました。

最後にもう一度まとめます。

  • 日本文は見ない
  • 頭の中でイメージ(絵)を意識する
  • 英文そのままの語順で覚える

この3つを覚えればより効率よく瞬間英作文の勉強ができると思います。

ではまた。

SEE MORE

カテゴリ

プロフィール

サイト内を検索