英語は俺が倒す

英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

【初心者向け】現在分詞の使い方は3つだけ覚えればいい!

現在分詞の3つの用法

ノックです。

現在分詞というのは、動詞の語尾にingがついたもの です。

watchingとか、eatingみたいな感じです。

この現在分詞。実は、3つの便利な使い方ができるんです!

たった3つですから覚えるのも簡単です。ではこれからその3つを見ていきますよー

現在分詞の使い方その1 進行形

現在分詞の進行形というのは、〜している状態 で表されます。

例文いきます。

I am watching TV now.

私は今テレビを見ている。

「見る」という動詞watchにingを付けて「見ている」となりました。

これだけです。

簡単でしょ?

ここでポイントが一つあります。

時制を意識する

進行形のingは時制のbe動詞が必ず必要 ってことです。

この時制は6種類あります。

ちょっとザックリですが紹介します。

  • *am → 現在進行形*
  • *was → 過去進行形*
  • *will be → 未来進行形*
  • *have + been → 現在完了の進行形*
  • *had + been → 過去完了の進行形*
  • *will have + been → 未来完了の進行形*

ここでこれから注意して見てほしいポイントがあります。

それは、

6パターンあるといっても変わるのは時制だけ現在分詞はingのまま ということです。

これも簡単ですね。

例文で確認していこう

未来の進行形で作ってみます。

He will be sleeping on the bed tommorow this time tomorrow.

彼は明日この時間にベッドで寝ているだろう。

考え方としては、

  1. 「will be」と「this time tomorrow」で「未来の出来事だよ」と意味付
  2. sleepingで「寝ている」という状態を付ける

基本的な考え方は他の5パターンも同じです。例えば、過去完了にしたいならbe動詞を「had been」にして過去にまつわる英単語「last」や「yesterday」などの副詞を入れちゃえばOKです。

こんな感じになります。

I had been crying until my father came home yesterday.

オレは父が昨日家に帰ってくるまで泣いていた。

このように、時制をしっかり意識することで簡単に英文が作れます。

進行形の使い方その2 形容詞

動詞のまがい物である現在分詞。

なんと形容詞的な使い方も出来てしまいいます。

忘れちゃいけない点が2つあります!

形容詞は名詞を修飾するってことと、1語なら名詞の前、2語以上なら名詞の後ろに付くということです。

ではその2点を意識して例文を見てください。

I saw a person sleeping on the street.

私は道の上で寝ている人を見た。

名詞はpersonです。

形容詞句がsleeping on the streetです。

名詞句について詳しくはこちらも参考になります。

英語の句と節の違いって何?実はそのルールはシンプル!
新年あけましておめでとうございます! 今年も元気に英語の勉強頑張りましょう。 今年こそはTOEICで目標点数を獲得したいところ。 今日は前々から気になっていた英語の句と節の違い について書いていきたいと思います。 英語における句と節とは 英語の構文理解で欠かせないのがこの句と節に関する深い理解です。 「句や節って何のことを指して言うの?」という疑問を持った皆さん。 はい、それはつまり、大文字から始まってピリオドか「!」「?」で終わる一文の中で ココがポイント 2語以上の語のまとまり のことを指して言います。 例えば、I found the pen under the bed which I lost 3 months ago.(私はベッドの下に3か月前になくしたペンを発見した。) という文章があります。 これを、 I found the pen /under the bed /which I lost 3 months ago. というようにある程度まとまった意味をもつ句・節に分けることができますね。 またさらに細かく分けて、 I /found /the pen /under the bed /which /I /lost /3 months ago. このようにすると、句や節の区分を超えて単に「名詞」や「動詞」などのように 細かく分ければ分けるほど単語としての役割になります。 句が混乱しやすいところは 名詞句 副詞句 形容詞句 この3種類がそれぞれ分かりにくく、問題なんかでも突っ込まれやすいです。

補語にもなる

みなさん覚えてますか?

基本文型の補語。

補語がわからない方はこちらをどうぞ。

【第5文型を網羅】英語の補語とは何か?SV構造の基本についても解説!
ノックです。 そこで今回は、補語 について書いていきたいと思います。 それではいってみましょう! 補語とは何か? みなさんは補語と聞いて何を思い浮かべますか?もちろん保護じゃないですよ(笑) 補語というのは、 主語や目的語を補う語のこと をいいます。 ちなみに、 補語= Cです。 あ、ごめんなさい。 いきなりCとかいわれてもわかんないですよね(笑) 英語の文は大きく分けて5つの要素で成り立っています。   *主語(S)* *述語動詞(V)* *目的語(O)* *補語(C)* *修飾語(M)*   この5要素は、 形容詞とか名詞とはまったく関係ありませんので悪しからず。 この中に補語であるCが入っていますね。このCはComplementの頭文字であるCを取ったものです。 基本の5文型 前項で登場した5つの要素。 こいつがさらに厄介なことに、 基本の5文型 としてフォーメーションを組みます。   *SV* *SVC* *SVO* *SVOO* *SVOC*   これ、何かの暗号みたいですよね。 あーやだやだ。 とか言ってても始まらないので説明します(笑) 第一文型 SV S=主語 V=動詞I like. 私は好きよ と非常にシンプルですね。実にわかりやすい! ただ本当に欲しい情報が抜けまくりです。なんか色々足りてない。 ということで次の文型! 第二文型 SVC S=主語 V=動詞 C=補語 ここで補語が出てきましたね! では例文いきます。I am a hero. 私は英雄です。   I=主語 am=動詞 a hero=補語

この現在分詞は補語としての役割も果たします。なんて万能なんでしょう。

補語はComplements。

SVOとSVOCですね。

The people was running.

その人々は走っていた。

この例文の場合は「running」が補語の役割を果たします。

現在分詞の使い方その3 分詞構文

ではラスト。

現在分詞の分詞構文です。

分詞構文は2つのことが同時進行で起きているとき に使えます。

ポイントは以下の2つです。

  • *能動的な動作で使う*
  • *2つの文章をコンマでつなぐ*

受け身の時は過去分詞が使われることもついでに覚えておきましょう。

では例文。

Taking a shower, I was thinking of her.

シャワーを浴びながら、私は彼女のことを考えていた。

詳しくはこちらが参考になります。

【難しくない!】分詞構文の作り方を初心者向けに解説
ノックです。 分詞構文・・・。 日本語って小難しい言い回しにしますよね。 「構文」って文字が出てきた時点でもう嫌!って人多いのではないでしょうか?笑 ということで今回は分詞構文のお話。 分詞構文の作り方 を解説していきます! そもそも分詞構文とは? そもそも英語の分詞構文とはどのようなことなんでしょうか? Wikiによると、 分詞構文(ぶんしこうぶん)とは、分詞が導く副詞句が、文全体を修飾し、結果として副詞節の代用をしたり、文を簡略化する構文のことをいう。 引用: 分詞構文 – Wikipedia と書いてあります。 ん〜、余計わからん(笑) 簡単に言うと、 分詞構文というのは、接続詞 + 主語 + 動詞を一発で表すことが出来るショートカットキーみたいなものだということです。 これはどういうことか? わかりやすい例でいうと、Seeing = When I saw. といった具合になります。Seeing一つでまとめて使えるわけです。   分詞構文の作り方 まずはこの例文を見て下さい。  When I came home, I was very tired.   次に実際に作ってみましょう。 非常に簡単です。 作り方はこうです。 接続詞を消す 主語を消す or 残す 主語と時制をチェックする 接続詞を消す 上の例文はwhenが接続詞ですよね。 これを消します。I came home, I was very tired. こうなりました。 主語を消す or 残す 主語が二つありますよね。 2つの主語の属性をチェックします。

まとめ

ノック顔画像

いかがでしたか。

結構簡単でしたね!

慣れてしまえば現在分詞は余裕です。

定着するまで何度も復習しましょう!

ではまた。

SEE MORE

カテゴリ

プロフィール

サイト内を検索