【want to=wannaと覚えてはダメな理由】2つの違いと使い分け方

共有:

want toとwannaの違い

ノックです。

英語の勉強は頑張っていますか?

さて今回は、

「want to」と「wanna」の違いを解説したいと思います!

ではよろしくお願いします!

「want to」と「wanna」ってどう違う?

wanna (ワナ)

日本語では「〜したい」と訳します。

例文では、

I wanna kiss you

キスしたいぜ!

となりますが、ちょっと待って下さい!

「こんなの文法の本にも書いていないし聞いたことないぞ?」

と思った方はいませんか?

はい。

私は思いました(笑)

これはですね。

「want to」が変化した形なんです。

用法は簡単で、「want to」の2語を取り除いて1単語「wanna」とします。

I want to have something to eat.(変化前) ↓

I wanna have something to eat.(変化後)

この二つ、意味自体は同じなんです。

書き言葉では通常「want to」と書きますが、英語の発音が発展していくにしたがって、カジュアルなシーンでは「wanna」(ワナ)と発音するように変化していきました。

もともと英語が公用語として使われていた中世のイギリスではしっかり「want to(ワントゥー)」と発音されていたでしょうが、アメリカへ流入してからはこのような発音へと発展していったんですね。

そのため、カジュアルなシーン、特に友達同士でのチャットなどでは発音通り「wanna」と書かれるようになっていったようです。

つまり、「wanna」は、「want to」のスラングとして通用することになりました。

スラングを使うメリット

スラングというのは、

特定の社会や階層、または、仲間の間だけに通じる語や語句。俗語。卑語

要は、仲間うちで使う言葉ってことですね。

日本語でいう、タメ語のようなものです。

スラングについては、以下の記事を参考にして下さい。

シチュエーション別に使える!スラングフレーズ集【厳選15個】
どうもノックです。 今回は今巷で人気のスラングについて書いていきたいと思います。 では早速本題へ! スラングとは一体なんなのか? 皆さんはスラングと聞くとどんなイメージがありますか? やっぱり怖いイメージがありますよね。一体スラングとは何なんでしょうか? 俗語と異なって閉鎖性が強く、同好者同士や同じ職種などの特定集団の中で使われる。そのため、口語として通用しているものと同じ単語でありながらも逆さま言葉であったり、違った読みをしていたりと、敢えて一般人には理解できないような用法が好んで用いられる。 言っちゃえばの仲の良い友人同士が共通する話題を気軽に言い合う言葉です。日本人でもそうですよね?イチイチ毎回「私」とか「あなた」とか言ってたら、「あ、こいつめんどくさいヤツだな」と思われるかもしれません。 こういった会話の流れを断ち切ることなくスムーズにするツールがスラングなのです。 ネイティブ並みにならなくてもいい人ならスラングは覚えなくていい ネイティブは、当たり前のように英語を使います。しかし日本人はあまり英語が得意ではありません。日本にいるなら話は別ですが、外国に行く人海外留学等の人は絶対にスランクを覚えたほうがいいです。 何故かと言うとネイティブはガンガンとスラングを日常的に使っているからです。 そつなく話すために十分な語彙量は2000語 一般的な外国人と話すのに必要な英語の語彙量は約2000語といわれています。これだけあれば十分そうですよね。でも現地のネイティブと話すには2000語では少なすぎます。 学生時代に英語をしっかり勉強していた方は2000語なんてもう到達している事でしょう。なぜ2000語も覚えて外国人と話すことができないのか? それでもネイティブとは話せない それはなぜか? それはやっぱり外国人はスラングを使うからです。 外国人は現地で当たり前のようにスラングを使って覚えているからです。対する日本人は日本に生まれで全くスラングを覚えてこなかったことが挙げられます。 ではどうすれば対等にネイティブと話せるようになるのか?答えはただ1つ、 「暗記すること」です。 はい。実に簡単ですね。 数あるネイティブのスラングを覚えるにはやはり暗記が1番の近道といえます。 スラングはLINEのスタンプみたいなもの スラングと言うのは主に友達同士のコミュニケーションツールです。相手の言いたいことを受け止め、こちらがサッと返せるようにすることを目的としています。 つまりLINEのスタンプと一緒なのです。気軽に相手との感情を共有できることができるのがスラングの強みです。 絶対に学校では教えてくれない英語表現 学校では「シャラップ!」なんていう表現は絶対に先生を教えてくれないですよね。一言いおうものなら即教室から締め出されます(笑) でも友達同士ではよく使う表現です。だってかっこいいじゃないですか! スラングはコミュニケーションの一部 先ほども話したようにスラングは主にコミニケーションの一部として使われます。お互いの距離がぐっと縮まる貴重なツールなんです。 スラングと言うと一般的には汚いとか不潔、不良みたいなイメージがありますよね。でも全然そんなことはないんです。スラングはれっきとしたコミニケーションツールということです。 もしスラングがわからなかったらどうでしょう?例えば、外国の友人が「shoot!(くっそ〜!)」と言ったとします。ハハ!っと周りのグループがドカンと受けてる中、自分だけshootの意味がわからずポカーン泣 なんてことになる可能性大ですよね。こんなことにならないためにもスラングをがっつり覚えておいた方が良いのです! もちろんスラングにも流行り廃りはあるので今が旬のスラングを抑えておいた方が良いのは言うまでもありません スラングを覚えるには? では、スラングはどうやって覚えればいいでしょうか? スラングは暗記が命 前項でもいいましたが、はっきりいってスラングは暗記が命です。いかに自分で声を出して口に定着させるかがカギとなります。そうです。ひたすら口に出すのです。そのうちに口がだんだんと慣れてきます。 主に有名どころは、 gonna、gotta、wannaあたりですかね。この辺はかなり頻繁に使う表現ですのでしっかり覚えておきましょう。 ちなみに、 gonna ゴナ= be going to(〜する予定) gotta ガラ= have got to(〜する必要がある) wanna ワナ= want to(〜したい) を略したものとなります。 スラングはYoutubeで覚えるべし! では他にスラングを覚える教材としてはどんなものがあるんでしょうか?ネットを探せばいくらでもあります。ほんと今はいい時代ですね。ちなみに私は最近YouTubeをよく見るのですが動画とともにコメント欄をよく読みます。 最近など日本の動画にも外国人がよくコメントを寄せています。そこを見るとスラングが結構使われてたりします。多分、英語が苦手な人だとここは飛ばしてしまう個所です。でもつなぐを覚えたいならそこを意識するだけでだいぶ違いますよ。 もっと多彩なスラングを覚えたい人はYouTubeのコメント欄をよくチェックしましょう! スラングの注意点 ではスラングを覚えることの注意点を挙げていきたいと思います。一体どんなスラングの注意点があるのでしょうか? スラングはビジネスシーンではご法度 スラングのような若者が使う表現はビジネスシーンではNGとなります。よく日本人は英語を書くことに自信がない人が多いです。でもその代わりに話す言葉がスラングだらけって人結構います。これ、良くないです。 フォーマルな場所ではスラングは控えておきましょう。もっと気を配るべきです。

「want to」を「wanna」と使う時は仲の良い友達であることの証なんです。

このように、外国人と仲良くなりたいと思ったらこういったスラングも使えると尚良いです。

だって、日本でも友達同士でお行儀良く敬語で話してたら堅っ苦しくて楽しく話せないですよね(笑)

もちろんそれはネイティブも同じなんです。なので「wanna」のようなスラングを多く取り入れた文章を使うと一気に距離が縮まります。

もちろん、行き過ぎた卑語などはオススメしませんが、英語にはこのような幅広い年齢層に使われているカジュアルなスラングが沢山あります。

覚えたら、親密感を表現するシーンなどでは、進んで使うようにしましょう。

wannaは強調としても使える!

ネイティブの表現では「~したい!」という強い気持ちをより一層強く表現するために、以下のような表現をよく使います。

主語 + do wanna + 動詞の原形

これで、「すごく~したい!」という訳になります。

「do」が強調の意味で使われているんですね。

英語を通じて友達を作ろうと思ったら、やはり大事なのはコミュニケーション能力です。

感情を強く表現して、相手とのより強いコネクションを築こうと思ったらこのような表現も覚えておくとお得です。

実際の文章でどのような形になるのかというと、

I wanna eat.

私は食べたいです。

これに、doを付けると・・・

I do wanna eat.

私は食べたいんだー!

となります。

 

ちなみに、みなさんは「笑う犬の冒険」というバラエティ番組を覚えていますか?私は大好きでした^^

この番組内で「テリー&ドリー」という人気コーナーがありました。

最後にホリケン扮する外人(弟)が、

 

Do Wanna・・・ オニイチャーン!

と叫びます。

直訳すると、**お兄ちゃんが欲しい!**といったところです。

このコーナー自体ちょっと兄弟愛が強すぎてこういう表現になったのでしょう(笑)

このように wannaの前にdoを付けることで感情を強調することができるのです。

I do wanna be a star.

本当にスターになりたい!

I do wanna have a date with her.

彼女とすごくデートしたいよ!

wanna を使う時の【注意事項】

「wanna」を使った表現ですが、注意してほしいのが、「三人称単数のルールが適応されている文章には使えない」ということ。

例えば、

× He wanna go out.

とすることはできません。

これは、「wants to」の発音は「s」が入っているため、いくらカジュアルに喋っても「wanna(ワナ)」になりえないためです。

この点、「want to」=「wanna」と覚えるのはいけないということです。

wannaを使った文章に慣れていこう

さて、「wanna」の意味をしっかりと吸収したところで、「wanna」を使ったスラング的な表現に慣れていきましょう。

ここで演習しておくことで、外国人と英語で話すとき、自然にカジュアルな言葉遣いができ、一気に距離が縮まります。

ぜひ、声に出しながら練習してください。

**【問題】以下の文章を、「wanna」を使って書き換えてください。**

I want to go and ask him what he actually did.

彼のとこに行って、本当は何をしたのか聞きたいわ。

男女の修羅場に使われそうな一文ですね。こんな時、

「want to」で表現される「お堅い文法」を使っていたら

怒りが表現できず弱っちい印象になってしまいます。(間違ってはいませんが)

では、正解はというと

【正解】I wanna go (and) ask him what he actually did. です。

カジュアルな表現だと()で囲まれたandを取って言う場合も多いです。

では第2問目に行きましょう。

【問題】以下の文章を、「wanna」を使って書き換えてください。

**Do you want to benchpress 100 kg?

** ベンチプレス100㎏上げたいか?

これもかなりカジュアルな場面で使われそうな一文です。

アメリカなどを含め、海外ではフィットネス文化が根強く発展しているため、友達と一緒にトレーニングに出かけるなんてことが良くあります。

そんなハードコアカジュアルな雰囲気でずっと敬語を使っていたら威厳が出ないし、そんなときにはできればサラッとカジュアルな表現を使いたいですよね。

では、正解はというと

【正解】Do you wanna benchpress 100 kg? となります。

まとめ

いかがでしたか?

スラング表現も覚えると一気に英語が楽しくなりますので、進んで会話に取り入れるようにして欲しいと思います。

洋楽でも多用されてます。耳に馴染むように聞き込んでみるのもまた面白いです。

おススメはジャスティンビーバー!

「what do you mean」という曲は最高なので聞く価値アリですよ。スラングもしっかり使ってます(笑)